ヘビースモーカーにニコレットは合わない

ニコレットはタバコのニコチンを代替摂取できる医薬品で、禁煙に伴う離脱症状を抑えることができると言われています。2つのタイプが販売されていて、パッチタイプは医師の処方によって買う必要がありますが、ガムであればドラッグストアでも手軽に購入できるので、禁煙外来の診察を受けなくても利用することができます。ニコチンは体内に吸収されると、脳内の興奮性シナプス伝達をつかさどるニコチン受容体に結びつき、快楽や安堵といった感覚を与えるドーパミンを放出します。これによって気分が落ち着いたり、意識がはっきりするなどの状態になりますが、ニコチンが切れると、その落差からイライラしたり体が震えたりするなどの離脱症状があらわれます。落ち着くためにもタバコを吸って再びニコチンを補給しますが、繰り返すことでニコチン依存症となり、タバコを止めることができなくなってしまいます。
ニコレットはニコチンの補給を代替することで、このサイクルからタバコを吸う目的をなくさせようとする置換療法に利用されます。しかしながら、ニコレットのニコチン含有量は少なく、ガムでは1粒で2mgとなっています。そもそもニコチンは体に有害な物質のため、含有量を多くするわけにもいきません。その結果、1日に2箱以上吸うようなヘビースモーカーや、ニコチン量の多いタバコを吸う人には物足りず、ニコチンが不足して手の震えなどの離脱症状があらわれます。タバコを吸う以上は、禁煙によって震えるといった禁断症状からは逃げられず、耐える必要がありますが、重度のニコチン依存症の人には耐えられるものではありません。まずはタバコの本数を減らすなど、ニコチンの摂取量を抑えるところから始める必要があります。

関連ページ

  • NoImage
    2018.03.07

    ニコレットは害が少ない

    ニコレットの働きはニコチンが体内から失われる事によって発生する症状を抑える事が主な効果に繋がります。禁煙を行う人は必然的に体内のニコチンは薄まりますが、ニコチン...続きを読む

  • NoImage
    2018.03.19

    ニコレットガムは手軽さが売り

    禁煙が一筋縄ではいかない理由はニコチン切れによって禁断症状に陥ってしまうからです。禁断症状が発生することによって禁煙鬱や眠気、集中力の低下などの様々な症状が現れ...続きを読む

  • NoImage
    2018.05.21

    喫煙ができないレストランにはニコレットで禁煙

    近年の禁煙ブームによって世の中の色々な部分に変化が起こっています。例えばレストランの中には喫煙を禁止しているところがありますので、完全にタバコを吸うことはできま...続きを読む

このサイトの情報

ただ噛んでいるだけで禁煙できるというニコレットですが、本当に禁煙できるかを疑っている人もいるでしょう。ニコレットの禁煙率など気になっている方も多いでしょうが、ニコレットのあらゆる疑問を解決していきます。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード