ニコレットは害が少ない

ニコレットの働きはニコチンが体内から失われる事によって発生する症状を抑える事が主な効果に繋がります。禁煙を行う人は必然的に体内のニコチンは薄まりますが、ニコチンを覚えた体は不足を補う為に喫煙を望む様になります。ニコレットは禁煙を実現する為の製品なので、使用する事によって禁煙を実現する事が出来ます。
主な作用としては、少ないニコチンを外部から体に与える事で少しずつニコチンの依存を弱める事が目的です。その為、ニコレットには必ずニコチンが含まれていますし、全く含まない製品は用意されていません。ニコレットを使う方法は別の依存を引き起こすと心配されますが、製品に含まれるニコチンは微量なので、タバコに比べると害は小さくなります。またガムかパッチの形で使用する事になるので、肺を汚す心配がない事は優れた利点です。タバコの代わりとしてニコレットを使う時は満足感が不足したり、喫煙の楽しみが減少するというのもありますが、ニコレットによって禁煙が実現する事も事実なので、本格的にタバコを止めたい場合に適している製品です。
ニコレットがタバコと決定的に違う点は、医療用の治療目的で開発されている事、そして依存や健康問題を引き起こすリスクが最小限に抑えられている事です。タバコの本数を減らしたり、禁煙期間を設ける取り組みは自己の努力では限界があったり、続ける事が難しい点が欠点でした。医療用の製品は、計画的に禁煙出来る様に設計されているので、体や心理的な負担を抑えながら取り組む事が出来ます。全くニコチンに頼らない方法もありますが、この選択は苦痛と続ける難しさが困難として立ちはだかります。禁煙目的のサポート製品は取り組みを支える心強い味方であり、特徴を把握して活用する事が禁煙を実現する力になります。

関連ページ

このサイトの情報

ただ噛んでいるだけで禁煙できるというニコレットですが、本当に禁煙できるかを疑っている人もいるでしょう。ニコレットの禁煙率など気になっている方も多いでしょうが、ニコレットのあらゆる疑問を解決していきます。

アーカイブ
フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード