ニコレットガムの禁煙率

喫煙習慣が一度身につくと、なかなかそこから抜け出すことは困難であるといわれてきました。これは、タバコに含まれるニコチンの作用が大きいと考えられています。ニコチンを摂取し続けると、それが体内からなくなった時に強いニコチン摂取の衝動が起きます。結果として、再び喫煙を繰り返すということになります。タバコにはニコチン以外にも、タールなどの発がん性物質が含まれていますから、健康を考えるのであれば、禁煙をするということが大事になってきます。そこで、最近の禁煙の手段としてはニコレットガムを噛んで禁煙を行うという方法が確立されました。このニコレットガムはわずかではありますが、ニコチンが含まれていますから喫煙をする代わりにニコレットガムを噛むことによって、喫煙をした後のような満足感を得ることができるようになります。
そして、徐々に喫煙欲求を抑えることができるようになり、最終的には完全に禁煙習慣を身に着けることができるようになります。そこで気になるのは、ニコレットガムは実際にどのくらいの禁煙率があるのかということになります。気軽に始めることはできますが、結局禁煙ができないのであれば意味がないということになってしまいます。過去の臨床試験の結果としては、対象226例の内、禁煙にした人の割合としては41.6パーセントという数字となっています。さらにタバコの本数が減った人の割合が29.2パーセントとなっていますから、半数以上の人に効果があったということになります。中にはあまり多くないと感じるかもしれませんが、喫煙習慣はなかなかやめることが難しいといわれているので、この数字であればかなり高い確率であるということが言えます。

ニコレットのまとめ買いはどこでする?

ニコレットも入手したいと思った時にまず思い浮かぶのが禁煙外来に行って処方してもらうという手段かと思います。禁煙外来で治療する際に方法を選択することができ、ニコレットを選択すると全部で12週間分が処方されます。ニコレットは医薬品とは言っても薬事法で市販することが許されている医薬部外品に分類されているので、近所のドラッグストアなどからでも購入が可能となっていますが、購入時の注意点があります。禁煙外来では健康保険が適応されて薬代が3割負担で済むのに対し、市販品は健康保険が使えないので、販売価格でそのまま支払う必要がでてきます。まとめて一気に買いたい時などは特に金銭面で響くことでしょう。
なので、特に急ぎではない場合では市販薬で購入するよりネット通販を利用した方がお得である可能性が高いといえます。ネット通販の場合は単品でも十分安いのですが、特にまとめ買いを選択すると一箱あたりの値段がさらに安くなるので、少しずつ購入するよりも費用負担が少なく済みます。特にニコレットガムはある程度の期間噛み続ける必要がありますから、それなりの量が必要になってきます。送料については、まとめ買いを選択したりすれば、無料であることも多いので、送料がかかってコストが高くなるということもありません。ネット通販で購入することができる、ニコレットの値段としては例えば、ニコレット96個でおよそ5000円から6000円までの間、24個で2000円くらいの値段となっています。ですから、少ない費用で禁煙を目指していくことができます。

ニコレットには噛み方がある

ニコレットはガムタイプの禁煙補助剤であり、噛むことでニコチンが放出されるのが大きな特徴です。その為、どんどん噛んでニコチンを出すのが良いと誤解されることがありますが、噛めば噛むほど良いわけではありません。ガムタイプではあるものの、普通のガムとは違っていますので、正しい使い方をマスターしておく必要があります。
まず噛めば噛むほど良いわけではない理由はニコチンを吸収させ難くなってしまうからです。ニコレットはニコチンを放出させ、それを吸収させるのが目的なのですが、ところが普通に噛んでいるだけですと吸収率が低くなってしまいます。口の中の粘膜から吸収させるようにしないとニコチンの効果は得られなくなってしまいますし、ニコチンが含まれた唾液を飲んでしまうと喉の痛みや胃のもたれ、吐き気などを感じてしまうことがあるのです。粘膜から吸収させてこそニコチンが作用するようになりますので、単に噛めば良いわけではないと理解しておきましょう。
ニコレットを上手に利用する為にはまずゆっくりと何度か噛みます。何度か噛んでいるとニコチンが放出されたことでピリピリとした刺激が発生します。その刺激を感じたら頬の粘膜から吸収させる為に歯の外側にガムを置きしばらく放置しましょう。大体1分程度すると味がなくなってきますので、そうしたらまた噛んでニコチンを放出させます。その後は再度頬から吸収させて、という流れを繰り返します。こうした作業を大体30分から1時間程度繰り返したら1回あたりの使用は完了です。
以上のように使用するのがニコレットの正しい使い方ですが、こうした使い方を理解しておかないと禁煙に役立てることはできませんので注意しましょう。

関連ページ

  • NoImage
    2018.03.07

    ニコレットは害が少ない

    ニコレットの働きはニコチンが体内から失われる事によって発生する症状を抑える事が主な効果に繋がります。禁煙を行う人は必然的に体内のニコチンは薄まりますが、ニコチン...続きを読む

  • NoImage
    2018.03.19

    ニコレットガムは手軽さが売り

    禁煙が一筋縄ではいかない理由はニコチン切れによって禁断症状に陥ってしまうからです。禁断症状が発生することによって禁煙鬱や眠気、集中力の低下などの様々な症状が現れ...続きを読む

  • NoImage
    2018.04.18

    ヘビースモーカーにニコレットは合わない

    ニコレットはタバコのニコチンを代替摂取できる医薬品で、禁煙に伴う離脱症状を抑えることができると言われています。2つのタイプが販売されていて、パッチタイプは医師の...続きを読む

このサイトの情報

ただ噛んでいるだけで禁煙できるというニコレットですが、本当に禁煙できるかを疑っている人もいるでしょう。ニコレットの禁煙率など気になっている方も多いでしょうが、ニコレットのあらゆる疑問を解決していきます。

アーカイブ
フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード